RWco.オリジナル商品・技術

 

オリジナル商品ラインナップ

オリジナル商品ラインナップ
 
Rakuboneラクボーン
マジックテープ式
結束バンド式
両タイプ式
開発者 萩谷克己氏
Rakuboneラクボーンの説明
Rakuboneはトロンボーンを支える左手の重量バランスを分散させて、スライドワークを安定させる補助具です。簡単に装着出来、音色向上にもつながります。
 
 
☆支柱タイプとサイズ展開を合わせまして計6種類からお選びください。
 
<支柱タイプ>
ラージ支柱タイプ…上部 約14.2㎜ ~ 中央部 約13㎜
(バック、ヤマハ、B&S等)
 
スリム支柱タイプ…上部 約12㎜ ~ 中央部 約11㎜
(XO、ホルトン、シャイアーズ等)
 
<サイズ展開>
…ナロースライド ・細管トロンボーンや一部太管タイプ
  ワイドスライド  ・手が大きく厚みのある方
      ダブルロータリーのバストロンボーン
      【高さ:39.0mm】
 
M…ナロースライド ・手が小さく厚みのない方
  ワイドスライド  ・太管テナーバス全般
  【高さ:43.5mm】
 
L…バストロンボーン用又はテナーバスワイドスライドで
  手が小さく厚みのない方
  【高さ:53.5mm】
 
※「高さ」とは、左手中指との接地面からマウスパイプとの接地面までの距離です。
※特注による支柱半面に接地する、カスタムフィットタイプもございます。
 
-----------------------------------------------------------------------------------------
 
開発者 萩谷克己氏
<Rakubone開発について>
僕はプロの吹奏楽団に35年間在籍し、吹奏楽特有の長時間吹奏に悩まされて来ました。疲れてくると左手が上に滑って
いきますので、1ポジションが長く続くタイミングで右手で楽器を支え、左手をぶら下げてから握りなおしたものでした。
思い出してみると中学生の時にトロンボーンを始めたばかりの頃は左手、肩がすごく痛くなったものです。
Rakuboneは楽器の重量を分散させますから楽器を保持するのが難しい初心者にこそ効果があると思います。
僕はトロンボーン指導する時に必ず左手の持ち方を指導します。左手でしっかり楽器を持てないと良い音は出ませんし、
音域とダイナミックレンジが狭くなるからです。最初から楽に良い音を出すことが出来たら上達が早くなりますから、
未来のトロンボーン奏者のレベルが上がるでしょう。悔しい事は、これを現役の時に作れなかった事です。
 元東京佼成ウインドオーケストラトロンボーン奏者 尚美学園大学講師 萩谷克己
 
------------------------------------------------------------------------------------------
 
製品素材:レジン
付属品:マジックテープ、結束バンド、指クッション(2ミリ厚)
 
販売価格¥3,000(税抜)
 
※恐れ入りますがご注文の際は、御使用になられる楽器のメーカー、または支柱の直径をお知らせください。
 
【ご注文の際、ご使用上の注意点】
 
Rkuboneは、スライド支柱に接地面が極力当たらない設計となっております。メーカー、モデルによってははまり込んでしまう物もありますので、メーカーや支柱の太さをご確認の上ご購入下さい。
 
長時間の使用により指が痛くなる場合があります。指が当たる面に付属の指クッションや、市販の軟物を貼ると軽減する場合がありますが、痛みが不快な場合はご使用をおやめ下さい。
 
 
 
 
 
Rakubone取扱説明書   (2020-08-31・238KB)
<<リペアワークス>> 〒936-0026 富山県滑川市常盤町181-55 TEL:076-476-0698 FAX:076-476-0698