富山の「楽器専門店リペアワークス」。楽器の販売・修理、オーラルソニックや音楽教室など、お任せください。

 

トロンボーン

 

講師紹介

講師紹介
 
廣瀬 大悟 -Daigo HIROSE- 
【プロフィール】
滑川市出身。県立呉羽高等学校普通科音楽コース卒業後、東京藝術大学音楽学部へ入学。2001年、同大学卒業。トロンボーンを秋山鴻市、川原洋二、栗田雅勝の各氏に師事。
フリーランスのプレイヤーとして、オーケストラ、オペラ、現代の音楽まで幅広いジャンルの公演に参加するほか、トロンボーンクァルテット・クラールやBrass Collection等の室内楽グループのメンバーとして、東京・大阪・京都・広島・山梨・福島・新潟など、全国各地で演奏。また、セルフ・プロデュースによるソロコンサートを富山と石川で開催している。
出生地・富山においては、「クラシックの雫」総合副プロデューサー、FMとやま「レクサス富山 AMAZING CLASSIC」パーソナリティー、富山市民プラザ主催「クラシック“逆引き”音楽事典」講師、同「音符のおしゃべり」プロデューサー、月刊誌・機関紙への寄稿など、トロンボーンに限らない多彩なフィールドで活動を行う。
ソリストとして、竹本泰蔵指揮東京佼成ウィンドオーケストラと共演。 (一社)富山県芸術文化協会平成27年度奨励賞受賞。小松市立高等学校芸術コース非常勤講師。
 
 
 
【これからトロンボーンを始めてみようという方へ】
見た目にも「演奏する姿がかっこいい」というイメージのトロンボーン。いろんな場面で迫力あるサウンドを聴かせていますが、人間の声に近いとても柔らかで美しい音色で「歌う」こともできる楽器です。金管楽器奏法の第1ステップである「唇を振動させる」ところから、丁寧にレッスンを行います。
 
 
【久しぶりにトロンボーンを再開してみようという方へ】
吹奏楽の中でトロンボーンを吹いていたという経験をお持ちの方が圧倒的に多いと思いますが、オーケストラやトロンボーン同士によるアンサンブルなど、トロンボーンがその魅力を発揮するシーンは多彩です。クラシックはもとよりジャズ、ポップスまで幅広いジャンルのレパートリーを楽しみながら吹いてみませんか。基本的な奏法を再度おさらいするところからレッスンを始めることもできますので、ブランクのある方も安心して参加いただけます。
<<リペアワークス>> 〒936-0026 富山県滑川市常盤町181-55 TEL:076-476-0698 FAX:076-476-0698